【広島東洋カープ】まとめ情報(R02.01.12)

本日2020年1月12日、現時点でのカープ情報をまとめました。

最新のピックアップ情報

広島の菊池涼、チームプレー追求 プロ野球

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000054-jij-spo

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000054-jij-spo

広島・野間峻祥外野手「子どものころはすぐ使っちゃってました」/お年玉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00000010-baseballo-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00000010-baseballo-base

カープ新入団選手 体力測定 若鯉9人勢ぞろい

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00432200-rccv-l34

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00432200-rccv-l34

広島ドラ2宇草 やっぱり速い!30メートル走新人断トツ 目指すは柳田&誠也化

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000224-spnannex-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000224-spnannex-base

広島・曽根&永井「誠也塾」で開花だ!打撃向上へ試行錯誤

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000060-spnannex-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000060-spnannex-base

【広島】鈴木誠也、自主トレに愛理夫人が異例の“帯同”

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-01110204-sph-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-01110204-sph-base

カープ投手陣再建は横一線から。中崎、一岡、今村が胸に秘める思い。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00842131-number-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00842131-number-base

僕たち「チーム堂林」 鈴木誠ら自主トレ、最年長がチーム名に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000071-spnannex-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000071-spnannex-base

広島・東出コーチ 丸&誠也になれ!敦賀気比後輩の育成2位・木下に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000032-dal-base

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000032-dal-base

まとめ

菊池選手、静岡で自主トレを行っていて、チームプレーを追及しています。メジャー挑戦は残念だったけど生涯カープで日本一に向けてチームをけん引してくれるでしょう。

新人9人の体力測定が行われました。森下選手。宇草選手のドラ1、2位組は評価が高かったようです。特に宇草選手のスピードは断トツだったようです。誠也&柳田選手を目指して夢が大きいですね。

曽根選手、永井選手が「鈴木塾」で試行錯誤しながら頑張っています。曽根選手は守備走塁はレギュラー級なのであとは課題の打撃力アップですね。鈴木選手の後輩の永井選手、先輩の技術を吸収して頑張ってほしいです。

「鈴木塾」に鈴木誠也選手の愛妻畠山愛理さんが帯同しているそうです。アスリートとして色々な経験をしてきた夫人、栄養面等サポート受けて鈴木選手、昨年以上の成績を期待できそうです。

中崎投手、今村投手、一岡投手が胸に秘めた思いを語っています。みな悔しい思いをひしひしと感じてるんでしょうね。三連覇に貢献してくれて勤続疲労の影響が大きいと思います。日本一に向けて欠かせない戦力なので故障には留意しつつなんとか復活してほしいですね。

「鈴木塾」は「チーム野間」いや「チーム堂林」なんですね。毎年期待されて、なかなか結果が出ない状況が続く中、後輩に教えを乞う所覚悟が感じられます。過剰な期待もあったのかもしれませんが、今年こそは結果を出してほしいですね。

育成2位の木下選手、高校の先輩にエールを送られています。可能性は秘めているようなので、まずは支配下登録を目標に頑張ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました