朝が憂鬱な人のための対処法

朝が憂鬱な人のための対処法

朝が憂鬱になる状況とは

朝憂鬱になるというのはどういうことかというと、朝仕事に出かけなければいけないのに眠い、睡眠不足だったという理由が挙げられます。仕事に出かける人は眠たくても出かけなければいけないからとても大変です。仕事の内容によっては自宅では仕事に関する勉強をしており夜遅く寝る人もいると思います。こんなとき少し休みが取れればいいのに、人によっては昼から仕事をしたいと考えている人もいます。今回はどうしたら朝の憂鬱の気分を抑えることが出来るのか、朝眠いときはどうすればいいか、自分の経験談も踏まえて説明します。

毎日朝すぐ起きれなかった

私も正社員で働いていたときは朝起きるのはとても憂鬱に感じました。初めて正社員をした頃は自宅に帰ってくるとすぐ疲れて寝てしまいました。夕食や朝食はきちんと食べたしお風呂にもきちんと入りましたが、最初は自分の時間を作らずすぐ寝てしまいました。朝起きるのが元々苦手で夜早く寝ても朝はいつも遅刻しそうになりました。昔は親によく起こされて慌てて仕事に向かう準備もしました。私は事務の仕事に就いていたため、化粧をするのも面倒でした。

朝が憂鬱な理由

体力がない

体力がないとすぐ疲れやすくなるし、どれだけ寝ても疲れが取れません。毎日通うだけでも疲れるし、仕事で神経を使うたびに疲れが増してしまいます。体力があれば仕事をするエネルギーも出てくるし、帰っても自分の時間を作るエネルギーも残ります。体力が少ないとすぐ眠たくなり、毎日何をするのでも朝は憂鬱になってしまいます。子供の頃から体力をつけていれば大人になっても持ちこたえる体力は変わってきます。子供の頃運動をあまりしていないと大人になって体力はすぐ衰えてしまいます。

夜更かししている

夜夜更かししている人ほど朝起きるときはとても憂鬱になりやすくなります。夜といっても21時や22時のことではなく夜0時や1時など仕事に差し支える時間のことを言います。仕事に差し支える理由は遅くまで起きていると睡眠不足になり、朝起きるときは布団から出たくなくなってしまいます。夜の夜更かしはゲームや動画を見て楽しむことだけを言うのではなく、仕事のことを勉強して夜更かししていることも入ります。

子供の頃から夜型になっている

子供の頃から夜型が続いている生活をしていると、朝起きるのが苦手になります。小学生や中学生の頃は早寝早起きしていたという人でも大学生になるとゆっくり寝ていたという人もいると思います。これがこのまま大人になると社会人になっても夜型の生活がしみついてしまいます。仕事から帰ってくると疲れてすぐ寝るところはいいですが、朝型生活ではないため朝起きようとしても起きられない生活が続いて今います。生活リズムはこのままではよくないため、仕事に合ったリズムに直すようにしなければいけません。最初は大変だと思いますが、少しずつ直す必要があります。

朝が憂鬱な人の対処法

疲れているときはすぐ寝る

疲れをすぐ取る方法といったらやはりすぐ寝るのが1番いいです。疲れていて眠いのに寝ないと疲れは次第に溜まってきます。朝早起きれば仕事に遅刻しないで済むし、時間も十分に取ることが出来ます。これが続くと朝の憂鬱な気分は次第に取れるようになり、規則正しい生活に戻ります。食事やお風呂に入らないで寝るのはよくありません。栄養は体力をつける役割をするため、食事は大切です。休みの日も疲れているなら仮眠すると1時間寝るだけでも疲れは取れやすくなります。

会社の勤務地はなるべく近いところを選ぶ

会社の勤務地は意外に重要です。あまり勤務地が遠いとバスに乗り遅れてしまったり、電車に遅れてしまい会社に着けなくなってしまいます。あまり遠いところよりは自転車や歩きですぐ近くに行ける勤務地にすると朝遅くまで寝ることが出来ます。近ければバスや電車の心配はないし、自転車で行けるところなら混雑の心配もあまりいりません。朝の憂鬱をなくすにはこうした地道な対策もあります。

正社員にこだわらない働き方をする

正社員だと毎日8時間は働かなければいけない規則があるから、朝起きるのがとても憂鬱になる人もいます。しかし今では様々な働き方が出てくるようになりました。フレックスタイム制やアルバイト、フリーランスという働き方もあります。収入はなるべく多いところがいいですが、あまりにも朝夕うちにな気持ちが多ければ働き方を変える方法もあります。フリーランスだと自分の時間に合わせて働けるから朝起きないで夜仕事することも出来ます。

自分が動くか会社を変えるかどちらかを選ぶ

基本的には勤務地や働き方を変えるなどの会社を変えたり転職したりすることも1つは重要ですが、その一方では自分が体力をつけたり眠いときはきちんと寝るなど自分を見直す方法も1つはあります。子供の頃からつけずに過ごした体力は大人になってから体力をつけようとするととても大変です。車ばかりではなくときには自転車で買い物をするなど工夫して体力をつけると、運動にもなります。規則正しい生活をすると朝食が面倒だったのも朝食を食べる楽しみに変わります。そうすると朝の憂鬱の気分も変わるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました