夜眠れない人の対処法!眠れないのは身体が疲れていないせい? 

夜眠れない人の対処法!眠れないのは身体が疲れていないせい?

夜なかなか眠れない….そんな風に思ったことはありませんか?

お仕事をしている時にや真昼間にはたまに眠くなるのに夜になると急に目が覚めてしまう。

そして、結局スマホをイジってしまい、気づいたら夜明け始めている

そんな方は少なくないと思いますが、実は対処法はカンタンなんです。

その原因と対処法について見ていきます。

夜眠れない人の原因は何?

脳が疲れすぎている

眠れない理由としては1つの原因は、脳が疲れ過ぎている時です。

慢性的に脳が興奮状態にあり良い眠りができないのではないでしょうか。頭をフル回転させるような仕事に就いてる方やプレッシャーの大きい仕事を抱えている方は脳が疲れている状態にあると思います。

また事務職であってもパソコンからのブルーライトは強いストレスになりますし、長時間の集中力を使っていると思います。

また仕事以外でも悩みやタスクを抱えている方はずっと頭を使っている状態なので脳が疲れていると思われます。

身体が疲れていない

眠れないのは体を動かさないことが原因の場合もあります。

頭を使ったり悩むともちろん疲弊しますが、運動やトレーニングをせず体が疲れていないと寝れない原因に繋がります。

体を動かす事で、早く眠りにつけたり熟睡に繋がるのです。

デスクワークやゲームだけでは眠れる状態にはならないでしょう。目が疲れていたりドライアイになっていると「眠い」と勘違いする人も居ますが、そういった状態の人が布団に入ってみても眠れない事もあるはずです。

意識を集中しすぎている

眠れない理由としては眠ることに意識を集中しすぎていることです。

不眠症のスタートは、生活リズムを直そうとすることから始まることが多いです。

そこには眠らなければならないという考えがあります。

もちろん、生活リズムがもともと狂ってしまっているというところが原因ではありますが、それは仕方のないことです。

まずは眠らなければならないという気持ちを許し、自分をリラックスさせることが大切ですね。

夜眠れない人の対処法は?

身体も疲れさせる

対処法は、脳の疲れと同じくらい体を疲れさせることです。運動をしても良いですし、歩く、掃除、遊ぶなどでも良いと思います。

できれば頭はあまり使わず筋肉を使うようなことをした方が脳とのバランスが良いです。

月並ではありますが運動はとても良いストレスの消化方法です。

最低20分以上体を動かして普段使ってなかった筋肉を稼動させてあげると驚くほど眠れるようになると思います。

脳を休めるという意味では座禅などを心を無にするやり方もありますが、座禅で心が無にならないようなタイプの方は体を動かして消化するのが手っ取り早いと思います。

悩みを整理する

対処法は、眠れなくなったとき考えを一度整理することです。

私の場合、眠れなくなる原因は、起きもしない出来事をあれこれ考えすぎて不安を増幅させてしまうことにあります。

例えば、皆の前でプレゼンをする前日なら、「配布する資料を忘れて出勤したらどうしよう?」、「しゃべっている最中に差し歯がとれたらどうしよう?」、「目覚まし時計が鳴らなかったらどうしよう?」などと必要以上にネガティブに想像してしまうのです。

ただ実際に、そういった不安が的中することはほとんどありませんし、もしあっても謝れば済むことがほとんどで何らかの対処できるものです。

そのように考えを整理して心を静めることで、不安が解消され寝ることができるものですよ。

夢中になれることを探す

対処法は、心配事がある場合は解決に努めたり、それが難しければ考えないように他に夢中になれることを探します。

身体が疲れていなければ、運動したりと身体を動かして適度な疲労感を味わいます。

身体が冷えている時はホットミルクを飲んだり生姜湯を飲んだり、お風呂の湯船にゆっくり浸かったり、靴下を履いて足元を温めたりすると効果的です。

寝る前にパソコンや明るい場所を避けてリラックスできる環境を整えることも大事です。

一番楽な姿勢を探す

対処法は体の力を思いっきり抜いて、1番楽な姿勢を探すことです。

人によって楽な姿勢と言うものは異なりますがそれでもほとんど共通している事は寝転がる事は比較的楽だということです。

眠らなければならないと考えている人は、自分が眠れない状況にストレスを感じてしまいます。

そうすると寝転がっているはずなのに何故か体がリラックスできないといった状態になります。

眠りの始まりは体を極限までリラックスすることです。

そのためには、自分の楽な姿勢を探すことがとても重要です。

そしてこの方法はとてもシンプルで、かつとても効果があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

眠れない原因は人それぞれ異なるでしょうし、それには何かしら理由があると思います

とはいえ、やはり体が疲れていない事が一番大きな原因ではないでしょうか。

まずは運動やストレッチを常日頃から行うようにしてみると、意外とすっと眠れるものですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました