ゴールデンハムスターの寿命と健康法が気になる今日この頃

以下は親戚のハムスター日記です。

<ゴールデンハムスターの寿命と健康法が気になる今日この頃>

我が家のハムが2歳になりました!

小学生のころ、ハムスターブーム到来でクラスの4分の1ぐらいの人が飼ったことがあるという中、うちは母のねずみ嫌いのせいで飼うことを許してもらえなかったので、友達をうらやましく思っていました。

そんな私も社会人。独り暮らしは寂しいのでルームシェアできるペットが欲しくて色々検討したのですが、うちは犬猫はNGで、水槽で飼える生き物だけOKだったので、念願のハムスターを飼うことに!

小さいころはジャンガリアンが好きだったのですが、ペットショップで出会ったゴールデンハムスターちゃんに一目惚れして、連れて帰ることにしたんです。

そんなゴールデンハムも、我が家へ来て早2年。

2歳となりましたが、元気いっぱい、今日も回し車をものすごいスピードで回しまくっています。

ハムスターの寿命って確か2,3年だったよな、と思ってきちんと調べてみたら、2歳を過ぎたらいつ何があってもおかしくないとのこと。

ハムスターの2歳は人間でいうと60歳、3歳は90歳に相当するらしく、ハムスターの1年ってものすごく濃いんだな・・・と衝撃を受けました。

長くても3歳半ぐらいまでしか生きられないらしいのですが、ギネスには4.5歳まで生きたハムスターが載っているらしいです。人間でいうと135歳ぐらいだとか・・・すごい・・・

流石にそこまでは望みませんが、なるべく元気で長生きしてほしいと思っているので、健康法も調べてみました。

健康チェックや清潔を保つなど、まぁそうだよね、というものが出てくる中、餌のやりすぎに注意というものが出てきてドキッとしました。

というのも、うちのゴールデンハムスターは超がつくほどの食いしん坊。

与えれば与えるだけ食べてしまうんです。

1歳になるころにデブデブになってしまったので、ちょっとダイエットしていたぐらいですが、その後スリムに戻ったものの、食欲は人一倍(ハム一倍?)

健康に長生きしてもらうためにも、餌のコントロールは飼い主の責任として、ちゃんとやらなきゃな、と心に誓いました。

毎日帰宅したらまっすぐにハムのもとへ駆けつけて様子を見て癒してもらっているので、いずれお別れの日がやってくることは分かっていても、今から既に少し切ないです。

動物の持っているパワーはすごいな、と思いつつ、ハムとの日々を大切にしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました